めじろ安田眼科

JR山手線「目白駅」徒歩1分
ご予約・お問い合わせはこちら
03-3565-6536
WEB予約はこちら

予約なしでも診察いたします

めじろ安田眼科

MENU

緑内障手術

Medical

緑内障手術

緑内障点眼薬やレーザー治療で十分な治療効果が得られない場合は、緑内障手術が必要になります。緑内障手術にはいくつかの手術方法がありますが、いずれも眼内の房水排出を促し、眼圧を下げることが目的です。目の状態によって最適な手術方法を医師が選択いたします。また、白内障がある場合は、緑内障と白内障を同時に手術することもできます。当院の緑内障手術は、小さな創口から手術を行う「低侵襲緑内障手術(Minimum Invasive Glaucoma Surgery:MIGS)」を基本としています。

緑内障手術の種類(いずれの手術も白内障手術との同時手術が可能です)

① 濾過手術

(ア)線維柱帯切除術(Trabecrectomy)
(イ)EXPRESS®インプラント濾過手術

眼内の房水が結膜の下に排出される通り道を作ります。線維柱帯と強膜に小さな孔をあける「線維柱帯切除術」とEXPRESS®というチューブを挿入する「EXPRESS®インプラント濾過手術」があります

② 流出路再建術

(ア)線維柱帯切開術(Trabecrotomy)
(イ)iStent®白内障手術併用ドレーン挿入術

線維柱帯切開術は、目詰まりして房水が流出しにくくなっている線維柱帯の一部を切開して、房水が排出されやすくする方法です。
iStent®は必ず白内障手術と同日行う方法で、目詰まりした線維柱帯にiStent®という小さなチューブを挿入し、房水を流出しやすくします。

③ 周辺部虹彩切除術(Peripheral iridectomy:PI)

急性緑内障発作の予防や、発作時の緊急処置として行います。通常はレーザー周辺部虹彩切除術(LPI)を行いますが、レーザーの効果が不十分な場合に、手術でPIを行います。